銀の鈴社 オンラインストア

かんさつ日記 200569

1,650円(本体1,500円、税150円)

定価 1,650円(本体1,500円、税150円)

購入数
すずのねえほん 
発行:2013/10/1
著者:柏木 隆雄 
画家:やなせたかし、青木まさる他
判型:B5  ページ数:72
出版元:銀の鈴社
978-4-87786-569-6 C8792 

 詩は心の記録であり、また森羅万象へ注ぐ私自身の“まなざし”の表現でもあります。この詩集に収載した27篇の詩は、すべて曲が付くこと、歌になることを想定して書いたものです。
 第局瑤里海匹皀潺紂璽献ル「赤毛のアン」は、明るく、ひたむきな向上心を持つ少女、アンに“いつか幸せになれる”希望をのせて抄訳詩にまとめました。
◆もくじ◆
機,んさつ日記
・ピオーネ ・あやめの歌 ・きょうちくとう ・花まる一年生 ・あわてんぼう わすれんぼう ・おにぎりのうた ・ポプラのファッションショー ・かわうのうた ・干潟の譜 ・かんさつ日記 ・貝は星のように ・すずらん航空便 ・水たまりの詩 ・ブルーテラス ・たんぽぽ ・海辺の観覧車 ・こぶしの花 ・早苗のうた ・やさしい言葉 ・クリスマスツリー ・ほたるのえんそく ・うみの こうさてん ・尾根を行こうよ ・レオとモナ ・銀杏並木で ・安曇野早春 ・安曇野

供,海匹皀潺紂璽献ル・赤毛のアン


***
曲がついて歌われることを想定してつくられた詩集。
それが、柏木隆雄詩集『かんさつ日記』です。

そして本書は、やなせたかし先生はじめ、13人の個性あふれる画家たちによる絵のアンソロジーにもなっていて、まるで小さな展覧会のような詩集です。
色とりどりの金平糖のような前半には、27篇の作品を収載。

子どもの日常を子どもの目線で捉えた詩と、日本の情景を詠った詩が満載です。
ことに「あやめの歌」や「干潟の譜」のような水辺の情景を画いた詩は、もっとも柏木隆雄さんらしい世界といえるでしょう。

そして「赤毛のアン」の世界をミュージカルにした後半。
明るく、ひたむきな向上心を持つ少女アンに、「いつか幸せになれる」希望をのせて抄訳詩にまとめたという柏木隆雄さんの、ロマンが詰まった世界です。

詩は、言葉は、見過ごされ、忘れ去られがちな大切なものを伝えることができます。

そして、その詩に音楽がついて歌えるようになると、その言葉は静かに血肉となって、その人を支えてくれるようになります。

少し難しい言葉も、歌として身体に染みついてしまえば、言葉の引き出しが増えます。
そうしていつか真の意味に気づいた時、引き出しにしまってあった言葉を、自在にまとうことができるようになるのです。

『かんさつ日記』の作品に曲がついて、たくさんの子どもや大人に歌われますよう、願ってやみません。

追記
タイトル詩に絵を描いてくださったやなせたかし先生は、わずかにみえる左目だけで、この絵を描いてくださいました。
ポエムを愛したやなせたかし先生の強い想いとエールに応えられるよう、これからもポエムの灯火を灯し続けて参ります。                    西野真由美

おすすめ商品