【詩集】まぜごはん
型番 200237
定価 1,296円(本体1,200円、税96円)
販売価格

1,296円(本体1,200円、税96円)

購入数

『【詩集】まぜごはん』を銀の鈴社から購入する
remote-buy-jp8
『【詩集】まぜごはん』をAmazon.co.jpでさがす
※Amazonに登録されていない場合もあります。ご了承ください

ジュニアポエム 237
発行:2014.5
著者:内田 麟太郎 
画家:長野 ヒデ子
判型:A5  ページ数:96
出版元:銀の鈴社
978-4-87786-237-4
日本図書館協会選定 全国学校図書館協議会選定 日本子どもの本研究会選定 
 五冊目の少年詩集です。
 テーマはありません。その日その日の気分で書いたものばかりです。だから詩集の名前は『まぜごはん』にしました。
 竹の子ご飯が好きです。油揚げにかしわが入っていたら、かならずお代わりします。
 グリンピースのまぜごはんも大好きです。薩摩焼の黒い茶碗で頂きます。白いお米とグリーンのお豆がぐっと引き立ちます。おいしそう。
ーあとがきより抜粋ー

◆もくじ◆
序詞

・おひさま ・わらっているのは ・ほっきょく ・さびしいところ ・つぶやいて ・はらっぱ ・たんぽぽ ・青い山 ・ゆうやけ ・しろいいえ ・そっと ・花 ・へいわ ・ひばりに ・長老 ・こんにちは あした ・なまえ


・てがみ ・わんわん ・こい ・なみ ・しょうぎ ・とり ・とちる1 ・とちる2 ・うしかもしか ・らしい ・こころ ・みどり ・こうきゅううでどけい ・トノサマバッタ ・カマキリ ・きのうた ・ひゃくにち ・われ ・さら ・どうぞう ・そら ・ゆき ・にょうぼにきいた ・よのなか ・ドッチボール

あとがき


内田麟太郎:プロフィール
1941年 福岡県大牟田市生まれ
詩集『うみがわらっている』銀の鈴社
詩集『きんじょのきんぎょ』理論社
詩集『ぼくたちはなく』PHP研究所 三越左千夫少年詩賞受賞
詩集『しっぽとおっぽ』岩崎書店
絵本『ともだちや』偕成社ほか
童話『ぶたのぶたじろうさん』クレヨンハウスほか

長野ヒデ子:プロフィール
1941年 愛媛県今治市生まれ
絵本『おかあさんがおかあさんになった日』(産経児童出版文化賞)
絵本『せとうち たいこさん』シリーズ(日本絵本賞)(以上、童心社)
絵本『くまさん はい』(福音館書店)等多数ある。