いのちの夏
型番 200388
定価 864円(本体800円、税64円)
販売価格

864円(本体800円、税64円)

購入数

『いのちの夏』を銀の鈴社から購入する
remote-buy-jp8
『いのちの夏』をAmazon.co.jpでさがす
※Amazonに登録されていない場合もあります。ご了承ください

銀鈴叢書 
発行:2013/
著者:石井 収 
画家:つのだ・さとし
判型:四六  ページ数:92
出版元:銀の鈴社
978-4-87786-388-3

純粋ないのちに出会った夏があった。
少年が愛した永遠の魂。今も、その少女の魂を抱いてそびえる故郷の山よ、「タケ山」ー
北国の農村地帯で育った少年、周一は、子ども同士の争いに巻き込まれ、自ら鉄橋から谷川に飛び込む羽目に。傷ついた心はいっそう、幼い時から憧れたタケ山に吸われてゆき、ついに、山の精のような少女、美江子と出会う。
生きるとは何なのか、愛とは何かを、大自然を舞台に、身をていして教える美江子。やがて、その二人にも別れがくる。歳月は過ぎ、老いてもなお周一の心を故郷の山にひきつけるのは、決して消え去らぬ「いのちの夏」だった。