銀の鈴社 オンラインストア

優しい詩のお守りを

1,760円(本体1,600円、税160円)

購入数
優しい詩のお守りを
発行日:2022年6月4日
詩:弓削田 健介
絵:葉 祥明
出版社:銀の鈴社
判型:A5
ページ数:118
ISBN:978-4-86618-127-1 C8092

本書は弓削田健介の処女詩集となる。
弓削田健介は、合唱作曲家、子どもミュージカル作家。
主に小中学生が歌う合唱曲を作曲。
2020年より音楽の教科書に楽曲が収載(小学校4年生・教育芸術社)。
キャンピングカーを拠点に合唱曲が歌われている日本全国の小中学校、海外日本人学校などで2000回を超えるスクールコンサートを行い、澄んだ歌声が特徴のピアノ&ギター弾き語りミュージシャンとしても活動している。

◆もくじ◆
第一章 優しい詩のお守りを
・あなたにありがとう ・たいせつなあなたへ ・手をつなごう〜共に生きる〜 ・いのちのオーケストラ ・満天の星が歌うように ・図書館キューピット ・えほんだいすき ・本を読もう〜BOOK UNIVERSE〜 ・おやすみ ・あたらしい朝に ・教室は青い地球 ・たいせつなともだち ・ふしぎなともだち ・BFF ・旅路 ・世界中のまだ見ぬ友へ ・地球の子どもたち ・14-fourteen- ・越えてゆけ ・気持ち ・君へ ・次の空へ ・信じて ・Dream&Dream〜夢をつなごう〜 ・やさしいうた

第二章 世界を旅する音楽教室
・世界を旅する音楽教室 ・てんとうむし ・未来が生まれてる ・一輪の詩を ・図書館で会いましょう ・みんなみんな輝いてる ・言葉って魔法だね ・ありがとうの花かご ・どんなときも ・旅立つ君へ ・春はいま ・はじまりの歌

第三章 しあわせになあれ
・しあわせになあれ ・僕はここにいる ・千年樹の夢 ・へいわのたね ・Beautiful Peace ・つぼみのうた ・おもいで ・魔法のオルゴール

あとがき
しょうたいじょう


もしも ないているひとに であったら
そっと わたしてあげて
きびが たいせつに おりあげた
やさしいうたの おまもりを

純粋な魂からうまれた詩(うた)の言霊に、葉祥明さんの美しくシンプルな挿画が誘うポエムの世界。

明日へつながる希望の光がここにあります。


詩・弓削田 健介(ゆげた けんすけ)
合唱作曲家
音楽の教科書に楽曲が掲載されるなど、主に小中学生が歌う合唱曲を作曲。
キャンピングカーを拠点に、合唱曲が歌われている日本全国の小中学校や海外の日本人学校などでスクールコンサートを行う。
旅から得た気づき、出会いと感動を元に作曲するスタイルで楽譜集・絵本を出版。
1982年福岡生まれ https://yugemusic.com

絵・葉 祥明(よう しょうめい)
詩人・画家・絵本作家
1946年 熊本しに生まれる
1990年 創作絵本「風とひょう」ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞
1991年 北鎌倉に葉祥明美術館
2002年 葉祥明阿蘇高原絵本美術館
その他画集・絵本・詩画集・絵・エッセイ等多数

おすすめ商品