銀の鈴社 オンラインストア

知ってたのしいイタリア絵画〜初期モザイク画から18世紀のカナレットまで〜

1,728円(本体1,600円、税128円)

定価 1,728円(本体1,600円、税128円)

購入数
初期モザイク画から18世紀のカナレットまで
銀鈴叢書 
発行:2018/09/15
著者:ベルトロッティジョルジョ 訳 ベルトロッティ百代
判型:四六判  ページ数:104
出版元:銀の鈴社
ISBN:978-4-86618-033-5 C0071¥1600E


◆もくじ◆
・初めに
犠蓮.ぅ織螢絵画の様式とかが空間の作り方
・表現方法
A:様式
1 色彩的様式
2 線的様式
3 造形的様式
4 遠近法的様式
5 ルミニズム様式

B:絵画空間の構成

蕎蓮.ぅ織螢絵画にあるコンセプト
絵画の概念的内容
1 キリスト教美学
2 ビザンチン美学
3 ロマネスク美術
4 ゴシック美術
5 ジョット
6 ヒューマニズム
7 ピエロ・デッラ・フランチェスカ
8 ヒューマニズムの危機
9 ルター宗教改革
10 マニエリズム
11 バロック
12 啓蒙主義

作品一覧
参考文献

あとがき


芸術の国からやってきたイタリア人が日本語で書いた美術史。とにかく楽しくてわかりやすい哲学・文化・歴史が学べる一冊。
イタリア モンテッソーリ女史研究第一人者 元青山学院短大学長 前之園幸一郎氏


 「知ってたのしいイタリア絵画」には、イタリア絵画初期から18世紀のカナレットまでのよく知られている作品と、絵画史的に重要なのにほとんど知られていない作品の24点が解説とともに紹介されています。お好きな絵を鑑賞してたのしみましょうとの書名の通り、心躍る作品と出会える本です。話してみたらとても魅力的な人だったというように、この本にある素敵な絵画との出会いをおたのしみください。
 初期イタリア絵画はキリスト教を基とし、イエス誕生前後からの作品が多く残されています。イタリアの長い歴史と文化や風土を背景に持った著者の絵画への眼差しは、日本人にとって新鮮なエスプリであり、目を開かされます。日本人がわびやさび、仏教や神道に通じる感覚を自ずと持つように、著者の内に培われたイタリア人ならではの感覚がこの本の特長です。読者はそれを感じながら絵画鑑賞をたのしんでいただけます。


ベルトロッティジョルジョ
1946年 Novara生まれ。
ミラノ、ボッコーニ大学卒。
高校時代から美術に関心をもち学んだ。

ベルトロッティ百代
青山学院大学英米文学科卒。

おすすめ商品