もうひとつのにじのしま
定価 1,944円(本体1,800円、税144円)
販売価格

1,944円(本体1,800円、税144円)

購入数

『もうひとつのにじのしま』を銀の鈴社から購入する
remote-buy-jp8
『もうひとつのにじのしま』をAmazon.co.jpでさがす
※Amazonに登録されていない場合もあります。ご了承ください

鈴の音絵本 
発行:2018/08/31
著者:えほんdeみらい 高原かずき 
画家:永井みさえ
判型:B5判・ヨコ型  ページ数:36
ISBN:978-4-86618-044-1 C8793


にじのしまのこどもたちがえがいた もうひとつの にじのしま って どんなところだろう?
こどもたちがかんがえたせかいが えほんになったよ。
ちょっとのぞいてみてね。


えほんdeみらい
児童養護施設で暮らす子ども達と一緒に絵本を作るボランティア活動です。
最初の絵本では、たろときっつの名前を決めてもらいました。
この2作目の絵本は、子ども達が描いてくれた絵をもとにしてできました。
子ども達の未来を明るくする絵本を一冊でも多く作っていくことを続けていけたらと思います。

高原かずき
1988年5月11日、横浜市で生まれ、北里大学卒業後、小野薬品工業に勤める。
仕事の傍ら横浜市、海老名市等の図書館や相模原市の児童養護施設にてボランティアを行う。
今回、児童養護施設の子どもたちと一緒に絵本を作成する団体「えほん de みらい」を発足し、その代表を務める。

永井みさえ
1990年生まれ。高知、東京を拠点に活動。
えほん de みらい の絵を担当する。
『二胡の橋』(文芸社)、『にじいるか』(南の風社)、『ぼくとケールおに』(南の風社)他、多数出版。
キャラクターデザイン、教材挿絵、CDジャケット、Tシャツデザインなどでも活動中。

絵本ナビ、インタビュー記事
https://www.ehonnavi.net/specialcontents/contents.asp?id=422