魔女とカレンダーの精たちーもし、大切な人がいなくなったら・・・ー
販売価格

1,296円(本体1,200円、税96円)

購入数

『魔女とカレンダーの精たちーもし、大切な人がいなくなったら・・・ー』を銀の鈴社から購入する
remote-buy-jp8
『魔女とカレンダーの精たちーもし、大切な人がいなくなったら・・・ー』をAmazon.co.jpでさがす
※Amazonに登録されていない場合もあります。ご了承ください

もし、大切な人がいなくなったら・・・
魔女シリーズ 18
発行:2017/11/15
著者:橋立 悦子 
画家:橋立 悦子
判型:A5  ページ数:224
出版元:銀の鈴社
発売元:銀の鈴社
978-4-86618-000-7 C8093 1200E


◆もくじ◆
・プロローグ
1 魔女のエッちゃんとあいぼうのジン
2 カレンダーの精たちあらわる!
3 海の精と涙の精の手紙
4 まずは作戦会議
5 ひろきくんの三度のプロポーズ『雪の精が行く』
6 母ちゃんの真じゅの指輪『大地の精が行く』
7 ももかのランドセル『木の精が行く』
8 林先生とおみこし『雨の精が行く』
9 火の精がたいへん!
10 たかしとけんじの約束『星の精が行く』
11 お母さんの肉じゃが『火の精が行く』
12 カナリア色の気球『風の精が行く』
13 星の精のひいひいひいおじいさんの発明品
14 魔法の白いサングラス『月の精が行く』
15 海の精と涙の精がもどる
16 カレンダーの精たち帰る
17 ふるさとのトンカラ山

・エピローグ
・あとがき


【内容】
12か月のカレンダーの精たちは12人。
のはずなのに、大変たいへん、三月の涙の精と七月の海の精がいなくなった!
東日本大震災の慰霊の旅にでた二人の精を探しに、エッちゃんと精たちの慰霊の探索が始まります。



橋立悦子(はしだてえつこ)
本名 横山悦子

1961年、新潟に生まれる。
1982年、千葉県立教育養成所卒業後小学校教諭になる。
野田市内、我孫子市内で教鞭をとっている。

【著書】
〈絵本:魔女えほんシリーズ〉1巻〜15巻。
〈童話:魔女シリーズ〉1巻〜18巻。
〈絵本:ぼくはココロシリーズ〉1巻〜5巻。
〈絵本:ものしり絵本〉『ピペッタのしあわせさがし 12支めぐり』
〈ポケット絵本〉『心のものさしーうちの校長先生ー』
『人生はレモンスカッシュ』
『ぼくのだいじなくろねこオリオン』
『本気の種まき』
『校長先生が「きょうりゅう」になった』
他に〈子どもの詩心を育む本〉12冊がある。
(いずれも銀の鈴社)