7番目の季節〜じゅんぐりじゅんぐりのいのち〜
型番 210010
定価 1,728円(本体1,600円、税128円)
販売価格

1,728円(本体1,600円、税128円)

購入数

『7番目の季節〜じゅんぐりじゅんぐりのいのち〜』を銀の鈴社から購入する
remote-buy-jp8
『7番目の季節〜じゅんぐりじゅんぐりのいのち〜』をAmazon.co.jpでさがす
※Amazonに登録されていない場合もあります。ご了承ください

じゅんぐりじゅんぐりのいのち
発行:2017/07/07
著者:かとう けいこ 
画家:おの かつこ
判型:A5  ページ数:80
978-4-86618-010-6 C8093


◆もくじ◆
1話:コタロウゆきんこにあう  ありんこコタロウのお話
2話:ぼくとびたくなっちゃった! つばめのチーぼうのお話
3話:ネコジャラシティのお月見まつり モグラのホーリーのお話
4話:ドジョウとコスモス 長生きドジョウのお話
5話:みつみみぎつね リンとばあちゃんのお話
6話:なごりのさくら 六年生のさとるくんのお話
7話:ペガサスの馬車 中学三年生のユウタのお話
あとがきにかえて


「5番目の季節」は心の季節、「6番目の季節」は魂の季節、そして「7番目の季節」はじゅんぐりじゅんぐりとめぐる命の季節です。
私は、春夏秋冬のほかにも、人には感じることのできる季節が、きっとあるのだと思っています。
ーあとがきより抜粋ー


かとうけいこ
埼玉県在住 小学校に務める傍ら、雑誌に童話の投稿を始める。
2005年、オムニバス童話集『リュウジン山ラブソディ』で埼玉文芸賞受賞。
主な著書『5番目の季節』『6番目の季節』『トロイメライ』『かたばみクラブ』『コンブータ』
共著『扉をあけると。』機Ν供悗い燭世辰ー!』『ぼくたちの勇気』『子どものための少年詩集』等。
所沢こどもルネサンス「こども文学のひろば」審査員 市民文芸「さやま」童話部門選考委員 紙ひこうき同人・童話勉強会くにたち同人
(一社)日本児童文芸家協会会員・日本児童ペンクラブ会員

おのかつこ
ニッサン童話と絵本のグランプリ優秀賞。小学館おひさま大賞佳作。『月刊おひさま』(小学館)に『ちいちゃんシリーズ』掲載。その中で人気が高かった2作が『4歳のお気に入り絵本集』『5歳のお気に入り絵本集』(小学館)に再掲載。2009年より銅版画を始める。2011年に初めて銅版画で挿絵で描く。その後、銅版画作家として個展・グループ展で作品を発表。国内外のコンクールで入選・受賞多数。2017年ポーランドで催されたトリエンナーレでスペシャルゲストとして展示。