銀の鈴社 オンラインストア

スターライト

1,760円(本体1,600円、税160円)

購入数
スターライト
発行日:2024年3月12日
詩:星野 良一
絵:ながしま よいち
出版社:銀の鈴社
判型:A5
ページ数:80
ISBN:978-4-86618-161-5 C8092

◆もくじ◆
序詞 脳みそ
機,靴靴靴了
・クマ ・うみのそこで ・しししの詩 ・アシカ ・キリン ・てつぼう ・おりがみ ・にんじゃ ・ホラーばな詩 ・ラブレター ・たいよう ・磁石 ・明かり ・梅雨 ・カレンダー ・ひも ・サイコロ ・イブの空にも

供,いる
・おかあさん ・兄弟姉妹 ・ともだち ・アイラブミー ・おしっこ ・かけざん ・ふしぎだなあ ・正義のミカタ ・むかしばな詩 ・ペンネーム ・決まり事 ・さきっぽ ・スターライト ・一秒 ・いのちのたしざん ・かぞえうた ・いきる

あとがきにかえて
詩人


詩・星野良一(ほしの りょういち)
(本名:増永 昌光 ますなが まさみつ)
1979年 長崎県生まれ
日本児童文学者協会会員
日本児童文芸家協会会員
第一詩集『星の声、星の子へ』(銀の鈴社)で第二十七回三越左千夫少年詩賞を受賞。自称、児童文楽詩人。
『ものがたりの小径〈ゆめ〉』(銀の鈴社)、『同〈発見〉』、『家族っていいね 1・2年生』(PHP研究所)、『ショートショートの広場 20』(講談社)に創作短編所収ほか。
YouTube『星の声、星の子へ』にて詩を発表中。

絵・ながしま よいち
(本名:長嶋 洋一 ながしま よういち)
北海道余市生まれ。
武蔵野美術大学卒業後、グラフィックデザイナーのかたわら童画を描いている。
北鎌倉に住まいを移してからモチーフに身近な自然も加わり、ファンタジーの世界が多くなる。
一人で絵を描く他に、手作り絵本の教室(大人対象)や子どもと一緒に描く楽しい時間も過ごしている。
絵本に『つかれた時にひらく絵の本』(銀の鈴社)、挿画に星野良一詩集『星の声、星の子へ』(銀の鈴社)がある。


新刊モニター
好きな作品3点(タイトル)
1、にんじゃ
2、おかあさん
3、かぞえうた

にんじゃ:子ども達が作る料理はいつも斬新で驚かされます。きっと、忍者がいるんだな、と思ったら笑ってしまいました。
おかあさん:どんなママでも大好きだよ、そう言われているような気がしました。子どもの愛情には敵いません。
かぞえうた:幸せになるには、夢を叶えるにはどうしたらいいか…子ども達に伝えたい言葉です。
初めて読ませていただきました。子ども達と一緒に読んでみたいと思います。ありがとうございました。
(鈴木和奏さん)

おすすめ商品