銀の鈴社 オンラインストア

星の声、星の子へ

1,760円(本体1,600円、税160円)

購入数
★第27回 三越左千夫少年詩賞★ 受賞

星の声、星の子へ
発行日:2022年12月25日
詩:星野 良一
絵:ながしま よいち
出版社:銀の鈴社
判型:A5
ページ数:112
ISBN:978-4-86618-144-8 C8092


やさしいことばで、やさしいまなざしで、ながれぼしとかいわします。
子どもといっしょに、ことばのせかいをさんぽします。

◆もくじ◆
機,曚靴里海─ 5
なまえ  6
パンパンパンダ  8
カワウソのうそ  10
おかし  12
おやつ  14
ナメクジ  16
ポリス  18
トランプ  20
さかだち  22
くつした  24
はじめてのかいわ  26
ぞうさん  28
えほん  30
にほんご  32
こねこ  34
たのしみ  36
はる  38
おひるね  40
まくら  42
ゆめ  44
かぼちゃ  46
トマトまと  48
たしざん  50
ほしのうた  52

供\韻寮次 55
ほくろ  56
壁  58
握手  60
がまん  62
ルパン賛成  64
自転車  66
かくれんぼ  68
流れ星  70
神様   72
入学式  74
ノート  76
おふろ  78
携帯電話に言いました  80
散歩  82
ドア  84
宝物  86
クッキー  88
変?  90
Aくん  92
願い  94
9月1日   96
木  98
りんご  100
宮沢賢治ノ詩ノヨウニ  102
不眠症  104
暮らす命と  106

あとがきにかえて
漫才  108


詩・星野 良一(ほしの りょういち)(本名:増永 昌光 ますなが まさみつ)
1979年 長崎県生まれ。
日本児童文学者協会会員
日本児童文芸家協会会員
『ものがたりの小径《ゆめ》』(銀の鈴社)、同〈発見〉、『家族っていいな 1・2年生』(PHP研究所)、『ショートショートの広場 20』(講談社)に創作短編所収ほか。
YouTube『星の声、星の子へ』にて詩を発表中。

絵・ながしま よいち(本名:長嶋 洋一 ながしま よういち)
北海道余市生まれ。
武蔵野美術大学卒業後、グラフィックデザイナーのかたわら童画を描いている。
北鎌倉に住まいを移してからモチーフに身近な自然も加わり、ファンタジーの世界が多くなる。
一人で絵を描く他に、手作り絵本の教室(大人対象)や子どもと一緒に描く楽しい時間も過ごしている。
絵本に『つかれた時にひらく絵の本』(銀の鈴社)がある。


<新刊モニターの感想より>
全体を通して、作者の人生を感じられました。
まるで覚えたての言葉を駆使して、言葉遊びを楽しむ幼い子どもから、達観した仙人みたいな老年期の大人へ成長するような、逆に大人(神様)が子供(人間)に退行するような、不思議な時間軸が見られる詩集だと思います。
作者は子どもにも大人にもなれる、世代を自由に行き来できる心の持ち主だろうと思いました。
◆まくら 
睡眠中は誰しも孤独です。
悲しいことに目覚めると、夢の記憶は薄れてしまうものです。
「まくら」という相棒が孤独な心を受け止めてくれて、見たはずの夢を覚えていてくれるようで、静かな温もりを感じられる詩です。
◆神様
信心深い人間が都合の良いように作り上げていた崇高な神様像は、神様視点で捉えればひどくつまらない存在かもしれず、人間に憧れてしまう神様のやるせなさが滑稽。
◆暮らす命と
幸か不幸か、何らかの生き物として選べない命を与えられた「僕ら」は、完全に同じものは作ることのできない不器用な「神様」のおかげで、似ているようでみんな違う命と心をもらって生きているという、すべての命を肯定してくれるような詩。
(小林 宙子・40代)

おすすめ商品