銀の鈴社 オンラインストア

お日さまのようなおばあちゃん

1,296円(本体1,200円、税96円)

購入数
銀の小箱 
発行:2019/05/01
著者:篠山 孝子 
画家:阿見 みどり
判型:A5判変形  ページ数:32
出版元:銀の鈴社
978-4-86618-050-2 C8793 ¥1200E


花の季節に
家族と子どもの人間関係は、祖父母、父母、兄弟、姉妹の間でどんな会話がかわされているかによってきめられています。
子どもが「どうして?」と聞いてきたら、「まっすぐに答えるように」しましょう。
この「まっすぐに」にはおとなの子どもに対する祈りがあります。希望もあります。
それが子どもの心にしみこんでいきます。
そしてひろい立場で社会をみることができるようになるのです。
自然や花が人間に何をかたりかけているのか、耳を傾けてみましょう。
宇都宮大学名誉教授 齋藤健次郎


これは、おばあちゃんが孫に贈る、人生の指南書ともいえる、絵本の教育エッセイです。
おばあちゃんと孫。親子とはまたちょっと違う関係だからこそ、まっすぐに伝える、伝わる言葉の数々。積み重ねてきた日々が歴史となって裏付け支える人生訓が、平易な言葉で具体的に語られています。
おばあちゃんの語りを主にしているので、リズムにのって、読み聞かせに好適、孫たちの誕生日プレゼントにしたいと思います。



篠山 孝子(しのやま たかこ)
1933年生れ。茨城県出身。立正大学文学部国文学科卒業。
1977年11月 文部省教員海外派遣団に加わりアメリカ合衆国を視察。
1985年9月 茨城県婦人のつばさ(第4回)海外派遣団(事務局として)カナダ・アメリカを視察。
1994年3月 茨城県水海道市(現・常総市)立五箇小学校校長として退職。茨城県下妻市在住。
著書:詩歌集「あけぼの」(椎の木書房)、「詩のすきな中学生」(NHK中学生の広場放映)、「短歌のすきな中学生」「童話のすきな中学生」(虫ブックス中学生シリーズ・茨城県推薦図書)、「アメリカ・歌日記」「花の歌・随想」「鳥の歌・随想」「小さい心の窓」「女性の四季」(以上、教育出版センター)、絵本「お日さまのようなお母さん」共著(日常出版・全国学校図書館協議会選定図書)、「お母さん窓をあけてーいのちの輝くときー」「愛の毛布ーいのち灯すときー」「なぜ人はいい言葉でのびるのかー心に響く言葉ー」「輝き続ける女性となるためにー心に花がひらくときー」「なぜいいふれあいで人生が変わるのかー言の葉の杖ー」(以上、銀の鈴社・ライフデザインシリーズ)

阿見 みどり(あみ みどり)(本名:柴崎俊子)
1937年長野県飯田生れ。神奈川県鎌倉市在住。野の花画家。
画集:「阿見みどり 万葉野の花水彩画集機銑察廖紛笋領觴辧法屬笋気靴げ屬離好吋奪祖◆廖米貿出版社)
童話(文):「コアラのぼうやジョニー」「こねこのタケシ」「ヤギのいる学校」(ともに銀の鈴社)、「なんきょくの犬ぞり」(メイト)
第51回児童文化功労賞受賞

おすすめ商品