児童文芸2017年4・5月号
型番 200286
定価 843円(本体781円、税62円)
販売価格

843円(本体781円、税62円)

購入数

『児童文芸2017年4・5月号』を銀の鈴社から購入する
remote-buy-jp8
『児童文芸2017年4・5月号』をAmazon.co.jpでさがす
※Amazonに登録されていない場合もあります。ご了承ください

特集 胸キュン♡恋バナ
発行:2017/04/01
著者:(社)日本児童文芸家協会 
写真:田中風馬
判型:A5  ページ数:112
発売元:銀の鈴社
978-4-87786-286-2


【もくじ】
第41回 日本児童文芸家協会賞発表
第46回 児童文芸新人賞発表
第1回 児童文芸ノンフィクション文学賞発表
第56回 児童文化功労賞

発表 第27回 ひろすけ童話賞 感想文全国コンクール 日本児童文芸家協会賞

特集:胸キュン♡恋バナ
【創作】 光丘真理 開隆人 もりなつこ 赤城香織 白矢三恵

連載創作:
「衣川 十二歳の刺客 第二回」作・森川成美 絵・森川泉
「ねこのノンた 学校へ行く 第二回」作・新井悦子 絵・橋本悦代

創作童話:「冬の向日葵」石川千穂子

創作童話:「花びらと舞いおりて」和木亮子

創作童話:「花屋のなずなさん」真山みな子

連載:
詩の泉 なんば・みちこ 井上良子
ブックプラザ 開隆人 土山優
児童文学散歩(十四) 岩崎まさえ
if…? 高田在子 中井たかし 三枝ひかる
映像化された童話たち(二十) 笹生陽子
どんな味!?童話に出てくるあの料理(二十) 黒田ふみ
古き良き昭和の思い出(二十六) のりたけかずめ
童謡の歴史(二) 織江りょう
この一冊ができるまで(二十六) 黒田志保子 石関恵美子 
エッセイの森 いわなべ仙吉 井上良子 さいとうまどか
同人誌評 だんちあん 松弥龍 山口としこ
県別ちょっといい話(八) やまさきじゅんよ

投稿
詩と童謡の部屋 関彩夏 星野良一 柴宸梨華
童話の小箱 なかむら恵美 林祐三子

日本児童文芸家協会は「児童文芸を職能とするものの集まりで、健全な児童文芸の創造発展につとめ、社会文化の向上に寄与することを目的」(定款)とする団体です。

本協会は児童文芸の純粋な職能団体として、1955年5月7日に創立総会を開き、新しく誕生しました。 浜田広介氏が初代理事長となり、2ヶ月後会長に、後任理事長には福田清人氏が就任。1961年6月に法人組織設立が認可され、社団法人として発足しました。
その後、公益法人見直しの時期を経て、2011年7月に一般社団法人としてスタートいたしました。

本協会は創立以来さまざまな諸事業を実施し、児童文芸の向上発展、会員の福祉・厚生に努力を重ね、その存在は社会的にも定着し着実な実績と大きな成果を挙げてきました。また、全国各地にサークルが設けられ活発な活動が行われています。

発足以来、和を尊重し、結束を固め、日本の児童文学に明るい展望を築いています。