児童文芸2016年12・2017年1月号
型番 200327
定価 843円(本体781円、税62円)
販売価格

843円(本体781円、税62円)

購入数

『児童文芸2016年12・2017年1月号』を銀の鈴社から購入する
remote-buy-jp8
『児童文芸2016年12・2017年1月号』をAmazon.co.jpでさがす
※Amazonに登録されていない場合もあります。ご了承ください

特集 児童文学プロのコツ
児童文芸 第62巻第6号
発行:2016/12/01
著者:(社)日本児童文芸家協会 
画家:はしもとえつよ
判型:A5  ページ数:112
出版元:銀の鈴社
発売元:銀の鈴社
ISBN:978-4-87786-327-2 C8095


◆もくじ◆
特集 児童文学プロのコツ
【評論】創作者にとっての児童文学観供_山充男
【実践レポート】高橋まゆみ
【長編と短編の書き分け】大塚篤子・野村一秋・西村友里
【誌上ミニ添削講座】皆川あき子&日野多香子・真山みな子&戸田和代・木下明代&国松俊英
【書斎の風景】浅田宗一郎・堀米薫・間部香代・音森ぽこ

連載創作
非時香菓 時じくの香の木の実 最終回 作・金治直美 絵・山田花菜
おかしっこ学校はじめ組 最終回 作・北川チハル 絵・公文祐子

創作童話
へこんだダルマ すぎもとれいこ
創作童話
安里と太郎 畑中弘子

第十七回 おはなしエンジェル「子ども創作コンクール」選考報告

連載
詩の泉 江森葉子・楠木しげお
ブックプラザ 開 隆人・土山 優
児童雑誌の歴史(最終回) 今田絵里香
if・・・? 平松詩子・須長和子・山元ときえ
映像化された童話たち(十八) 山下美樹
どんな味!?童話に出てくるあの料理(十八) はやしまき
絵からはじまる物語(二十八) 山口としこ 絵・羽渓 了
この一冊ができるまで(二十四) さいとうのりこ・櫻井文俊
児童文学散歩(十二) 山田よう
同人誌評 江森葉子・中住千春・山口実恵
エッセイの森 かこまさみ・関彩夏・伊藤クミコ
県別ちょっといい話(六)飯野由希代

投稿
詩と童謡の部屋 網野秋・鈴木琴音・柴宸梨華
童話の小箱 星野良一


日本児童文芸家協会は「児童文芸を職能とするものの集まりで、健全な児童文芸の創造発展につとめ、社会文化の向上に寄与することを目的」(定款)とする団体です。

本協会は児童文芸の純粋な職能団体として、1955年5月7日に創立総会を開き、新しく誕生しました。 浜田広介氏が初代理事長となり、2ヶ月後会長に、後任理事長には福田清人氏が就任。1961年6月に法人組織設立が認可され、社団法人として発足しました。
その後、公益法人見直しの時期を経て、2011年7月に一般社団法人としてスタートいたしました。

本協会は創立以来さまざまな諸事業を実施し、児童文芸の向上発展、会員の福祉・厚生に努力を重ね、その存在は社会的にも定着し着実な実績と大きな成果を挙げてきました。また、全国各地にサークルが設けられ活発な活動が行われています。

発足以来、和を尊重し、結束を固め、日本の児童文学に明るい展望を築いています。